ブログトップ

COSMOSの原発関連ニュースメモ

ycsm521.exblog.jp

毎日たくさん流れてくる原発関係のニュースの個人的なメモです。

福島支援の報告 byCOSMOSの知人Yさん


札幌在住の、COSMOSの知人Yさんから寄せられた報告

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9/6から福島に行きましたので、現地の状況報告と、現地支援の今後について提案します。 

皆さんからも、こういうやり方で連携したらというユニークなアイディアなども(もちろん正攻法も)教えてください。よろしくお願いします。 現地支援チーム M・Y
「現地支援について」 

福島県郡山市に約10日間滞在し、ビデオ撮影助手とインタビューを主に行った。ボランティアも少しした。
20名以上の方たちの話などから見えてきたことを報告する。

1)福島の状況

 ・慣れや暑さ、安全情報過多、親の疲れなどもあり、子どものマスクや長そでは少ない。
  スーパーに並ぶ野菜などは福島産がほとんど。他は値段が高く選択幅がない。

 ・北海道で夏休みを過ごした4名の父母と会った。意識の高い人が多く、地域では孤立していたが、仲間ができ、つながりが生まれた。
  子どもたちが「普通に」楽しく芝生を転げる、水に触れるなどができて、リセットできた気分。  Uさん一家は、滞在中に父がハローワークに行って仕事を得ることができ、10月から桜台の一員となる予定。

 ・意識の高い人と、安全情報を信じようとする人との間の差がさらに大きくなっている。子どもは、学校での過ごし方(給食か弁当、体育を外でやるか)や親の意見の違いで不和となる、といったことに巻き込まれている。
  特に思春期の女子の不安が高い。(将来子どもが産めるかーこれに答える親もつらい)

 ・「覚悟をきめて」避難する人と、「覚悟をきめて」残る -どちらも厳しい選択。残っている人のうち約半数は、「本当は避難がよいと思っている」(新聞調査)が、仕事、身内の事情、県民性もあり、決断できないが、最終的にはお金の問題は大きい。(ローン、今後の生活保障や教育への不安)

2)今後の福島支援について

キーワード 「えんむすびでつながる」

 ・避難した人が、通信の発行(紙、メルマガ)などで、情報を福島に知らせる。  

 ・福島の様子を知る

   - 現地新聞の共同購買

- 地域FMのインターネットを使った視聴

   - ビデオレター(福島から、札幌から)

 ・現地からの人に札幌生活情報を伝えて、持ちかえってもらう 

 ・野菜など安全な食べ物を届けるしくみを作る(地元紙では北海道の野菜パックがチョー高いー広告料も入る~冬場は加工品が多くなるが、安心で安全な食べ物を届けられるように、農家や団体とタイアップできないか)

 ・福島県での避難体験報告会

 ・「いったりきたり」できること

   札幌から、フェリーや高速バスを使えば、往復大人2万円+くらい。
   お正月や夏休みなどに定期的に「さとがえり」や「親などの札幌訪問」を気楽にできるプロジェクトや体制の整備

 ・現地でのハローワークや企業の出張説明会の開催

3)個人的印象から

 ・団体のリーダーたちにかなり疲れが見え、期限を切って福島を出る人もいる。逆に50代後半以降の人(特に女性かな?)は、腹をくくっている。

 ・6か月目の9/11には、反原発デモはあまりなく、福島市でも組合系の動員デモのみだった。目の前の生活で精一杯。「何も変わらない」ことへのあきらめ感。

 ・人々の「疲れ」が印象的(考えている人ほど悩み、ストレスが多い)

 ・男は職場で・・という意識がまだ高く、「子どもたちのことは任せる」と言われるお母さんが、非常に厳しい選択を強いられているように思う。


[PR]
by y_csm521 | 2011-09-17 19:30 | 脱原発運動・集会・支援