ブログトップ

COSMOSの原発関連ニュースメモ

ycsm521.exblog.jp

毎日たくさん流れてくる原発関係のニュースの個人的なメモです。

教育の中の「原発推進」



(北海道のある町でお芝居作りをしている教員の方のメールです。COSMOS)

最近、教育と原発推進の問題点をいくつかのメーリングリストに書きました。個人的にもいろいろな方から返信をいただき嬉しく思います。心強い限りです。

もう一つ、大変な問題をお知らせさせていただきます。実は、こちらの方が、大きな問題なんです。

ちょっと、はじめて聞く方も多いと思います。説明が必要なのでかかせていただきます。すこし、長くなります。

僕ら学校の教職員は、子どもにいろいろなことを授業するために、研修をたくさん行います。行政がおこなう研修もおおくありますし(ほとんどは形だけのものですが)、先生達が自発的に集まり、授業や生徒理解について等の勉強会などもおおくやっています。つまり、先生達の学習サークルなどですね。

全国で一番大きな教職員の学習サークルに「TOSS」(トス)というものがあります。向山洋一という人が、代表なんですけれど。
TOSSの公式サイト
向山洋一という人は、もともとは、「すべての児童に跳び箱をとばせる」という授業を開発した人で、最初は、子ども達に良い授業をするためには・・・と、熱心な著作活動で有名な人でした。たぶん、教職員でこの人を知らない人はいません。

ここの、サークルは「法則化」といって、
子ども達の前で授業するときに、授業の解説書をわたして、「一言一句、このとおり授業をすれば、授業で失敗しません」という、趣旨の集まりです。その良し悪くについては、いろんな考えの教職員がいますので、僕の私見は避けます。

手軽に、授業力が向上した気分なるサークルなので、全国に数万人の会員がいるといわれています。

問題は以下のことです。
驚くのは、授業解説書の内容です。環境、放射能教育のところをみると
授業解説書「環境・放射能教育」
原発推進の内容ばかりです。
エネルギーと領土問題をみると
「エネルギーと領土問題」
尖閣諸島に特化した授業ばかりがならんでいます。

もちろん、こういうサークルに顔を出す人たちは、「なんとか生徒にいい授業をしたい」「子どもとの絆を深めたい」という方ばかりです。

実際、この全国サークルのも数年前まで、熱心な教職員が集まるサークルでした。しかし、異常な人数増をうけ、資金繰りが必要になり、ついに、大手企業(そこは想像におまかせします)などから、多額な資金援助をうけたため、このような恐ろしい形になりました。

北海道にもたくさんのTOSSに入会している先生がいます。実は、後志にも、僕がしっているだけで、数十人のTOSS教師がいます。なかには、TVで「熱血教師」として、とりあげられるTOSS教師もいます。

もちろん、全員が原発推進教師ではありません。問題は、若く、悩める教師のなどが、悪いキャッチセールスにひっかかったように、「これもTOSSで教えてもらったから」と無批判に授業しかねないということです。

ぜひ、皆さんにお願いです。

つながりのある教師の皆さんに「TOSS(法則化サークル)というところに所属していますか?または、TOSSの授業書をつかっていますか?TOSSでは、原発推進していることを知っていますか?しているようでしたら、原発推進授業だけはやめてください」と意見交換していただけると助かります。実際、「原発推進授業をやらせたい」というTOSSの学習会が、今になり、全国で増えているという噂もききます。

また、このTOSSサークルの教職員の一部傾向は、ネットのみでつながっている場合がほとんどです。つまり、なかなか、地元で知り合いになれる仲間も少ないため、ついつい、ネットの中でのみ、不安を解消してしまうようです。(メーリングの中にTOSSの先生がいたら、ごめんなさい)

ですから、ぜひ、先生達を孤立させず、地域で、いろいろんな方と交流させ絆をふかめていただけたらと願います。

原発の一番の問題は、「人間の絆の分断」だと、僕は、常々思っています。

残念ながら、教育はどんどん、右傾化しています。地域の教育を学校とともに守るのは、地域と親たちです。ぜひ、なにかの機会に、学校などと意見交換していただけたら、助かります。
もう少し、詳細など知りたい方は、メールください。




[PR]
by y_csm521 | 2011-10-12 00:57 | 原子力政策