ブログトップ

COSMOSの原発関連ニュースメモ

ycsm521.exblog.jp

毎日たくさん流れてくる原発関係のニュースの個人的なメモです。

集会ふたつ


以下のふたつの集会のお知らせです。

(1)

遅刻するけど、行くつもり。
あきらめないことが大事。ずっと注視し続ける姿勢を見せることが大事。(COSMOS)


***************************************
STOP!秘密保護法11.27緊急デモ行進!!
11月27日(水)12時集合、 12時15分出発
大通公園西11丁目
北大通西11丁目(裁判所前)⇒西4丁目まで
中途参加、離脱可。短時間の参加も可。
<札幌弁護士歳主催>

***************************************

(2) Shut 泊 川原さんからの情報

ある高校生の原発再稼働賛成の投書が、24日の北海道新聞「みらい君の広場」に掲載されていました。
「私は原子力発電所の稼働に賛成である。」…その理由は次の3点。

① 「生活で使われている電力の大半が原子力発電所で作られている」

② 「病院などで電力不足になって人命にかかわる大きな事故にもつながりかねない」

③ 「事故の経験や教訓を生かして原子力発電所を安全に稼働できるようにした方が日本の成長にいい効果を及ぼすはずだ」

いずれも、これまで「原子力ムラ」の人々が、原発の「再稼動」を目論んで、これまで国民に訴え続けてきたことですが、そんなプロパガンダを、そのまま、この高校生が、まるで自分の意見のように述べていることが、ちょっと恐いですね。でも、同じように思っている大人たちも、けっこう多いのではないでしょうか。

しかし、元北電に勤務されていた水島能裕さんは、こう証言されています。

「私は北電と子会社で41年勤務したが、停電で人が死んだ例を知らない。よく病院の例がだされるが、手術をするような病院は自家用発電機をもっている。自宅で酸素吸入をしている人はポータブル型も必ず持っている。停電は原発停止だけでなく、日常にもありうることだから、対応していかなければならない。故意や重過失のない単なる停電での被害は裁判所も電力会社の損害賠償支払いを免じている」

 いま、日本の原発はすべて「停止」しています。でも、どこも電力不足になっていないし、計画停電の予定もありません。「原発の電気がないと、電力は足りなくなる」そんな「原子力ムラ」の「ウソ」をあばいてくれる、水島能裕さんの講演会が、11月28日(木)午後6時30分から、札幌エルプラザ2F環境研修室で開催されます。是非とも、ご参加ください。

水島能裕さんの講演会
「原発がなくても電気は大丈夫」

11月28日(木)午後6時30分~
札幌エルプラザ2F環境研修室


(Shut泊・かわはらしげお)


[PR]
by y_csm521 | 2013-11-27 08:53 | 脱原発運動・集会・支援