ブログトップ

COSMOSの原発関連ニュースメモ

ycsm521.exblog.jp

毎日たくさん流れてくる原発関係のニュースの個人的なメモです。

カテゴリ:脱原発運動・集会・支援( 55 )

Sachiko Sato’s Appeal in USA

Over the past 30 years, I’ve brought up my five children while farming in harmony with nature. Since the Chernobyl incident, I’ve lived based on time-tested wisdom and skills from the past for the sake of our future generations. Even if there is no more petroleum and all the nuclear power plants are shut down, we can still continue living. That is the way people should live, recognizing the importance of relationships with other people and respecting nature.
Our family of 7 lived modestly by growing rice, vegetables and various grains on our “natural farm” and cooking our food over firewood. Many people from all over the country gathered to learn about our lifestyle.
But 11th March changed everything. Despite the pain caused by the 3 tragedies of earthquake, tsunami and nuclear accident, we had to carry on living. It was especially difficult to accept the damage caused by the nuclear accident as we were unable to see it. My fellow farmers couldn’t bring themselves to abandon the land they had put so much work into.

We heard about the nuclear power plant incident on 11th March at midnight. I decided to evacuate four of my children, who were living in Fukushima, to Yamagata. After the Chernobyl incident, I had already planned that if an accident ever occurs at the Fukushima Nuclear Power Plant, I would send my children to Yamagata.
I quickly called my friend in Yamagata, who accepted my request and told us to come immediately. I was able to fulfill my basic duty as a parent, by protecting my children’s lives.
    
My own children evacuated to Yamagata on 13th March, but in Fukushima, 300 000 children were left behind. I wanted to help every one of those children and hence, started measuring radiation levels in schools. The results showed that 75% of schools in Fukushima Prefecture were in radiation-controlled areas. I submitted the report to the prefecture, hoping that the children would be evacuated immediately. But on the day that I submitted the report, the country set the safety standard for children’s exposure to radiation at 20milisievert of radiation per year.
This standard was set so that Fukushima city and Koriyama city would not be compulsory evacuation zones. Has the immunity of people towards radiation been changed by the nuclear incident? By increasing the safety standard values, the compulsory evacuation zones would not expand. The country said that people who wish to voluntarily evacuate are welcome to do so, however, they would not be compensated. This was done to decrease the amount of spending on evacuations and happened as a result of prioritizing the economic costs over the children’s lives.
   
“Fukushima Prefecture’s residents, as well as other prefecture’s residents, have rights to not be exposed to radiation right?” but we didn’t get an answer to this question. Fukushima Prefecture’s residents have been abandoned. Our right to evacuate to avoid radiation exposure has not been recognized. The country is funding the decontamination but not the evacuations. The sequence is incorrect. Leaving children in a contaminated location while carrying out decontamination is not solving the problem.
The radioactivity that exists amidst the unchanged beautiful scenery has created a gap between those who think it is safe to remain there and those who think it is unsafe.
For the sake of the children, evacuation is the best option. However, can we find jobs after we evacuate? What about our housing loans that cost 100,000yen a month? Is it alright to leave behind our frail parents? Is it necessary to evacuate at the cost of our children losing their friends?

The Radiation Health Risk Management Advisor said that at levels of 100 milisievert/h, only 1 in 200 people will have increased chances of cancer. Some people want to believe that Fukushima is alright and do not want any more disturbances. Many just want to return to their lives before 11th March. It is sad that the victims’ family and local people are not able to share their feelings and memories together. These are direct health effects of mental stress.

Fukushima Prefecture’s Radiation Health Risk Management Advisor, Mr Yamashita Toshikazu has made speeches around Fukushima Prefecture saying that it is alright, even if pregnant women and young children are exposed to 100 milisievert/h. As a result, many Fukushima residents did not take any precautions and continued their lives as usual.
Fukushima Prefecture did not release any official data or gave any information to people living within the contamination zones. As a result, residents who lived within a 20km radius of the nuclear power plant were actually evacuated to a place with higher levels of radiation at one point in time. This was only realized more than a month later, based on officially released information. This happened even though the prefecture already had the information 3 days after it happened.
    
The tentative safety standard for food products was set at 500 becquerel. If food was found to be below that level, it was supplied to the market as usual. The prefecture and country did not announce the safety standards that Ukraine and Belarus had set.
    
Internal radiation was not taken into consideration in deciding the safe level of radiation exposure per year. Furthermore, the damage caused by low levels of radiation exposure will only emerge little by little. As the probability of effects appearing is low, nothing much can be done. On the contrary, data on exposure to radiation levels of below 100 milisievert/h is not available. To gather these data, the 2 million Fukushima residents would be the guinea pigs.
 
We, the residents, find such circumstances to be very strange, but the media does not provide any accurate information. At Chernobyl, there were no effects other than children’s thyroid gland cancer. Despite our demands, the prefecture and country have not explained anything.
Overall, based on what the prefecture and country have done for the Fukushima residents so far, we do not feel that we are being protected. We really cannot believe what the prefecture and country are saying.

The Fukushima contaminated by invisible radioactivity seems like a battlefield to me. Surely, it is foolish to believe that people can overcome nature, resulting in this fight between mankind and nature. Fukushima with a wealth of nature, “Beautiful Island Fukushima”, its appearance has not changed at all and hence is a “Beautiful Battlefield”. The battle with radioactivity is using the country’s power to snatch away the children’s future. The children cannot remain at the battlefield. We cannot desert the children in the midst of the battle’s flames. We have not been able to save the children with our priority on economic costs. We have to do everything we can to save the children immediately.

Still, this country refuses to stop using nuclear power. Why is that so? How many more generations of people would this nuclear accident affect? This is the Japan that has a bigger budget for repairing fighter air crafts than that for saving the children’s lives. We cannot expect anything from this country that has left its children in the lurch for 6 months. It has been clearly shown that it is not the country’s duty to protect its children’s lives. The 21st century’s adults have decided that instead of protecting the lives of our future children, the immediate economy is more important. This attitude cannot be passed on to the future generations or we’ll eventually be destroyed. The residents have to protect the children’s lives. Let’s use our hearts to see what we can do to help save lives.

The Fukushima parents have stood up for our only hope to “Save our children’s lives”. Let’s protect the Fukushima children. Let’s not let the tragedy that has happened to Fukushima children ever occur again. Let everyone continue with this action.

I want to tell everyone in the world about the terrifying effects of the Fukushima Nuclear Power Plant accident and am prepared to continue with my activities till all the nuclear power plants have been shut down. Even though it might not have concerned you directly, now is the time to make a decisive action to change our way of living. If this cannot stop the use of nuclear energy, humans are on the path towards self-destruction. Everyone one in the world, let’s put our energies together to stop the use of nuclear energy!!

(Translated by Ms.Irene Mioko Smith)


[PR]
by y_csm521 | 2011-10-03 14:17 | 脱原発運動・集会・支援
「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の佐藤幸子さんのアメリカでのアピールです。



佐藤幸子 2011年9月19-24日アメリカ訪問でのアピール



    私は、30年間自然に添った農業をしながら、子ども5人を育ててきました。チェルノブイリ事故の後、石油が輸入されなくなっても原発が止まっても、生きられるようにと、昔からの知恵や技を自分が受け継ぎ、次の世代へと繋ぐ生き方をしてきました。それは、人間が本来大切にしてきた、人の繋がり、自然への畏敬を大切にする生き方です。 「自然農」の田畑で稲、野菜、雑穀などを作り、薪で食事を作り、家族7人協力してささやかな生活をしてきました。その生活を、学びたいという人々が全国から集まり小さな共同体が出来ていました。それらが、3月11日を境に、一変してしまいました。地震、津波、原発事故三重苦のなか、それでも生きていかなければならない苦しさ。とりわけ、原発による被害は目に見えないだけに、それを受け入れることができない苦しさがあります。私の周りにいた仲間もみな、自分の大切にしていた農地を捨てざるをえませんでした。農民にとって農地を離れることが、どれ程辛いことか。




    原発事故の報道がされない3月11日の夜中に、私は、福島に住んでいる4人の子どもを、山形に避難させることを決めました。チェルノブイリ事故の後、もし福島原発が将来事故になったら、山形に避難させることを決めていたのでした。山形の友人に電話すると、「ついに来るべきときが来たね。すぐにおいで」と快く引き受けてくれました。親として、子どもの命を守るという、最低限の役目を果たすことができました。自分の子どもは、3月13日に山形に避難させましたが、福島には30万人の子どもたちが残されていました。私は、その子どもたちを一人残らず、助けたいと、校庭の線量測定から始めました。その結果、福島県の75%が放射線管理区域であることが判明しました。

    すぐに、子どもたちを避難させてほしいと、県に進言書を提出した日に、国は子どもたちの年間被曝量を20ミリシーベルトと決めました。この基準は、福島市や郡山市を避難区域にしていしないための数値であることがわかります。事故前と事故後で、放射能に対する人間の抵抗力が変わるとでもいうのでしょうか?基準値を引き上げることによって、避難させる範囲を広げないようにしたのです。「自主避難の人には補償はしないけれど、避難したい人は、勝手にどうぞ」という国の回答でした。避難にかかる費用を少しでも少なくするためです。子どもの命より、経済を優先した結果です。「福島県民も他の県民同様、なるべく被曝しない権利がありますよね?」という質問に対し国からの返事はありませんでした。福島県民は見捨てられたのです。被曝を減らす為の避難する権利すら認められていないのです。国は除染にはお金を出すけれど、避難には出さない。順序が逆です。汚染されたところに子どもを置いたままの除染では何もならないのです。



去年と何も変わっていない美しい風景の中に確実に存在する放射能は、そこに住むことができないと判断した人と、そこに住み続けようと判断した人の間に、大きな溝を作ってしまいました。子どものことを一番に考えたら、避難が一番なのです。しかし、避難先に仕事があるのか?家のローン、月10万円をどうするのか?介護している両親を置いていけるのか?子どもの友達関係を引き裂いてまで避難する必要があるのか? 「100ミリシーベルト/hで、200人に一人のガンが増えるだけ」という放射線リスクアドバイザーの言葉を信じている人、もう福島は大丈夫と思いたいと、耳を塞いでしまっている人にとって、もう騒がないで欲しい、3.11前の生活に戻りたい。様々な人たちの声が聞こえてきています。本来なら、同じ被害者であるはずの家族が、地域の人々が、思いを共有できないという悲しい現象、心がバラバラになることによって引き起こされた精神的被害、これが「直ちに出た健康被害」です。




    福島県は、放射能リスクアドバイザーの山下俊一氏が、県内隈無く「100ミリシーベルト/h浴びても、妊婦、乳幼児でも大丈夫」と講演して回りました。その結果、何の防護もしないで福島県民は生活しました。県は、データを公表せずに汚染されていた地域の人に何も知らせませんでした。その結果20㎞圏内の住民を、線量の高いところに一時避難させてしまいました。そのことは1ヶ月も過ぎてから公表したデータで分かりました。県は、3日後にそのデータを入手していたにもかかわらずです。食品の暫定基準値は、500ベクレルです。これ以下なら、普通に市場に出回ります。県や国はウクライナや、ベラルーシの基準値を公表しません。内部被曝は、ほとんど考慮しないで年間被曝量が決められています。そして、今後ジワジワと出てくる低線量被曝による被害は、確率が低いからと何の手だてもしません。それどころか、これまで、100ミリシーベルト/h以下のデータがありません、そのデータを集めるため福島県民200万人をモルモットにしようとしているのです。そうしたことを、私たち市民が「おかしい」と発言しても、マスコミは正確な情報を流してくれません。チェルノブイリでは、子どもの甲状腺ガンの被害以外は何もなかったことになっているからです。県や国に要望しても何も解決しないのです。全てにおいて県と国がこれまで福島県民に対して行ってきたことは、県民を守るという姿勢は感じられません。県や国の言うことは、全く信じられません。



見えないはずの放射能で汚染された福島が、私には戦場に見えます。それはまさに、愚かにも人間が自然を征服出来るかのごとく振る舞ってきた結果の、人類と、自然との戦いの場です。自然豊かな福島「うつくしま福島」だからこそ、見た目には何も変わらない、「美しい戦場」となりました。放射能と、国家権力で子どもの未来を奪ってしまう戦場です。戦場に子どもは居てはいけないのです。戦場の炎の中にいる子どもたちを置き去りにしてはいけないのです。これまでの、経済優先の考えでは、子どもたちを救えないのです。子どもたちを救うあらゆる手だてを今すぐ行わなければなりません。



原発事故の恐ろしさは日本中、世界中が感じたはずです。それでも尚、原発を止めないこの国は、一体何を考えているのでしょうか。今後、何世代先にも及ぶ影響が出ると言うことをどう考えているのでしょうか。子どもの命を救うより、戦闘機修理代の予算を多く取るような日本です。6ヶ月も炎の中に放って置いた国に期待はできません。子どもの命を守るのは、国でないことがはっきりしました。このままでは、「未来の子どもたちの命より、目先の経済のほうが大切だと21世紀の大人たちは判断しました」と、将来にわたり人類が滅びるまで、伝え続けて行かなければならないことになるのです。子どもの命を守れるのは、住民です。何が正しくてどうすることが命を守ることになるのか、心の目を見開き一人一人が自分で判断して行動しましょう。



「子どもの命を守る」たったこの一つの願いを叶えるために、福島の親たちは立ち上がりました。福島の子どもたちを守りましょう。そして、福島の子どもたちのような悲しみを、もう二度と起こしてはいけません。あらゆる人々がつながり活動を進めましょう。福島から発信された原発事故の恐ろしさが、世界中の人々に伝わり、全ての原発を止めることができるまで、活動を続ける覚悟です。自分には関係のないことと、いままで目をつぶってきた付けが今回ってきたのです。生き方をも変えなければならないほどの重要な決断をしなければならない時がきたのです。もし、これで原発が止まらなかったら、人類は滅亡への道を進むことになるでしょう。全世界のみなさん共に力を合わせて必ず、原発を止めましょう!!!




[PR]
by y_csm521 | 2011-10-03 14:11 | 脱原発運動・集会・支援
泉です。

今夜、帰国しました。成田から経産省前の座り込みに合流し、そこでアメリカ訪問の報告記者会見を行いました。
TBSのTVニュースは、あっという間に削除されましたが、YouTubeにアップされていますので、ご覧ください。
10月には全国原発立地自治体から100人の女たちが、経産省前の座り込みに合流する予定です。

私たちのアメリカ使節団派遣のために、多くの方たちよりカンパと支援をいただきました。ありがとうございました。
反原発で世界は繋がり、運動が広がっています。福島が世界を変えると信じます。
国連前での佐藤幸子さんのアピールは素晴らしく、私たちも、(野田総理とBan Ki Moon 以外は)皆泣きました。
思いは全て吐き出した、思い残すことはないと、幸子さんが言っていました。

佐藤幸子さんのアピールの様子を報道する、いくつかのテレビニュースyoutube

[PR]
by y_csm521 | 2011-09-26 02:15 | 脱原発運動・集会・支援
泉です。拡散希望

昨日の国連本部前のデモとアピールの様子です。国連横にある日本文化会館から17:30に出てきた野田首相に向かって、佐藤幸子さん私たちも、思いの限りを尽くしてアピールを行いました。
野田首相は、勿論、無視でした。
今日は、これから、ニューヨークから64kmに位置するインディアンポイントの原発を訪問し、現地の方たちとの交流を行います。

Below Japanese TBS TV coverage on our demonstration and appeal in front of UN HQ. As we were appealing there, our prime minister Noda came out from the Japanese Cultural Centre which is next to th UN building, and we directed our appeal to him. Sachiko Sato, an organic farmer who had to abandon her farm, made a heart breaking appeal to him, which Noda of course simply ignored. We all cried. 

TBSニュース動画
Kaori

[PR]
by y_csm521 | 2011-09-24 01:06 | 脱原発運動・集会・支援
「9・19さようなら原発5万人集会」での、ハイロアクション福島・武藤類子さんのスピーチをご紹介します。

*********************************

 みなさんこんにちは。福島から参りました。

 今日は、福島県内から、また、避難先から何台ものバスを連ねて、たくさんの仲間と一緒に参りました。初めて集会やデモに参加する人もたくさんいます。福島で起きた原発事故の悲しみを伝えよう、私たちこそが原発いらないの声をあげようと、声をかけ合いさそい合ってこの集会にやってきました。

 はじめに申し上げたい事があります。

 3.11からの大変な毎日を、命を守るためにあらゆる事に取り組んできたみなさんひとりひとりを、深く尊敬いたします。

 それから、福島県民に温かい手を差し伸べ、つながり、様々な支援をしてくださった方々にお礼を申し上げます。ありがとうございます。

 そして、この事故によって、大きな荷物を背負わせることになってしまった子供たち、若い人々に、このような現実を作ってしまった世代として、心からあやまりたいと思います。本当にごめんなさい。

 みなさん、福島はとても美しいところです。
東に紺碧の太平洋を臨む浜通り。桃・梨・りんごと、くだものの宝庫中通り。
猪苗代湖と磐梯山のまわりには黄金色の稲穂が垂れる会津平野。

そのむこうを深い山々がふちどっています。
山は青く、水は清らかな私たちのふるさとです。

 3.11原発事故を境に、その風景に、目には見えない放射能が降りそそぎ、私たちはヒバクシャとなりました。

 大混乱の中で、私たちには様々なことが起こりました。
 すばやく張りめぐらされた安全キャンペーンと不安のはざまで、引き裂かれていく人と人とのつながり。地域で、職場で、学校で、家庭の中で、どれだけの人々が悩み悲しんだことでしょう。

毎日、毎日、否応無くせまられる決断。逃げる、逃げない? 食べる、食べない? 洗濯物を外に干す、干さない? 子どもにマスクをさせる、させない? 畑をたがやす、たがやさない? なにかに物申す、だまる? 
さまざまな苦渋の選択がありました。

 そして、今。半年という月日の中で、次第に鮮明になってきたことは、

・真実は隠されるのだ
・国は国民を守らないのだ
・事故はいまだに終わらないのだ
・福島県民は核の実験材料にされるのだ
・ばくだいな放射性のゴミは残るのだ
・大きな犠牲の上になお、原発を推進しようとする勢力があるのだ
・私たちは棄てられたのだ

 私たちは疲れとやりきれない悲しみに深いため息をつきます。

 でも口をついて出てくる言葉は、

「私たちをばかにするな」「私たちの命を奪うな」です。

 福島県民は今、怒りと悲しみの中から静かに立ち上がっています。

・子どもたちを守ろうと、母親が父親が、おばあちゃんがおじいちゃんが・・・
・自分たちの未来を奪われまいと若い世代が・・・
・大量の被曝にさらされながら、事故処理にたずさわる原発従事者を助けようと、労働者たちが・・・
・土を汚された絶望の中から農民たちが・・・
・放射能によるあらたな差別と分断を生むまいと、障がいを持った人々が・・・
・ひとりひとりの市民が・・・

国と東電の責任を問い続けています。

そして、原発はもういらないと声をあげています。
 
私たちは今、静かに怒りを燃やす東北の鬼です。

 私たち福島県民は、故郷を離れる者も、福島の地にとどまり生きる者も、苦悩と責任と希望を分かち合い、支えあって生きていこうと思っています。

私たちとつながってください。私たちが起こしているアクションに注目してください。

政府交渉、疎開裁判、避難、保養、除染、測定、原発・放射能についての学び。そして、どこにでも出かけ、福島を語ります。

今日は遠くニューヨークでスピーチをしている仲間もいます。思いつく限りのあらゆることに取り組んでいます。

私たちを助けてください。どうか福島を忘れないでください。


 もうひとつ、お話したいことがあります。

 それは私たち自身の生き方・暮らし方です。

 私たちは、なにげなく差し込むコンセントのむこう側の世界を、想像しなければなりません。便利さや発展が、差別と犠牲の上に成り立っている事に思いをはせなければなりません。原発はその向こうにあるのです。

 人類は、地球に生きるただ一種類の生き物にすぎません。自らの種族の未来を奪う生き物がほかにいるでしょうか。

 私はこの地球という美しい星と調和したまっとうな生き物として生きたいです。ささやかでも、エネルギーを大事に使い、工夫に満ちた、豊かで創造的な暮らしを紡いでいきたいです。

 どうしたら原発と対極にある新しい世界を作っていけるのか。誰にも明確な答えはわかりません。

できうることは、誰かが決めた事に従うのではなく、ひとりひとりが、本当に本当に本気で、自分の頭で考え、確かに目を見開き、自分ができることを決断し、行動することだと思うのです。ひとりひとりにその力があることを思いだしましょう。

 私たちは誰でも変わる勇気を持っています。奪われてきた自信を取り戻しましょう。そして、つながること。

 原発をなお進めようとする力が、垂直にそびえる壁ならば、限りなく横にひろがり、つながり続けていくことが、私たちの力です。

 たったいま、隣にいる人と、そっと手をつないでみてください。見つめあい、互いのつらさを聞きあいましょう。怒りと涙を許しあいましょう。今つないでいるその手のぬくもりを、日本中に、世界中に広げていきましょう。

 私たちひとりひとりの、背負っていかなくてはならない荷物が途方もなく重く、道のりがどんなに過酷であっても、目をそらさずに支えあい、軽やかにほがらかに生き延びていきましょう。


[PR]
by y_csm521 | 2011-09-23 01:02 | 脱原発運動・集会・支援
泉です。拡散希望。

昨日は、ワシントンからニューヨークに到着、共同通信のインタビューのあと、2手に別れ、私はデンマーク大使館主催の ”In Eternity” (100万年後の安全)の外交官向け上映会へ、他のみんなは、”Knocking On The Devil's Door”(悪魔のドアを叩いて)のオープニングとパネルディスカッションへ。どちらも原発に関する映画です。「100万年後の安全」の監督も来ていて、話す機会がありました。今年の12月に来日予定だそうです。今日の国連原発安全性に関するハイレベル会議の開催中に、国連本部で上映しようとデンマーク国連大使が努力したそうですが、実現しなかったそうです。今朝、今野田総理が、「さらなる原子力の安全をめざして」、この会議でスピーチをしているところです。ところで、日本より、日本政府内で、福島産の農産物の缶詰を購入して、途上国に食糧援助として送ろうという予算申請をしているという情報が入っています。

これから、記者会見、12:00より一般向けオープン報告会、17:00から、国連前にてデモを予定しています。

CNNニュースに掲載されました。
CNNニュースサイト

________________________


Dear everyone,

We arrived in NY yesterday, after an interview by Kyodo Press, we were divided into two. I went to a film “ In Eternity” organised by Denish Embassy for diplomats, and the rest to another film “Knocking on devil’s door” opening and a panel discussion that followed. The director of “In Eternity” was there and we had some discussions. He will visit Japan in Dec. It was hoped that the filme should be screened at the UN during the high level meeting but did not work out. There is a high level meeting on nuclear power safety at UN today. Prime minister Noda should be giving a speech at this moment. We shall have a press conference followed by a public meeting at 12:00, then at 17:00 demonostration in front of UN building.
Please note that Japanese government may approve a budget for purchasing Fukushima produced processed food for food aid to developing countries. A new struggle added.

And a good news! “Fukushima Meltdown” by Takashi Hirose is published online by Kindle. Check with Amazon. Thank you Douglas Lummis and his team of translators for this excellent work!
_____________
Our banners:
“UN! Stop Promoting Nuclear Power”
“Wanted! Asylum for Fukushima Radiation Refugees”
“Three Mile Island, Chernobyl, Fukushima, Where Next? Indian Point?”

Kaori

[PR]
by y_csm521 | 2011-09-23 00:43 | 脱原発運動・集会・支援
泉です。 拡散希望です。(Think Progress – sit-in at Wall Street, claiming for a change in unequal socio- economic structure in USA. See the site below.)

9.19の1000万人アクションの感動的な空中写真を見ました。6万人参加ですね。アメリカの脱原発活動家グループにも報告しました。

昨日、ワシントンでテレビのインタビュー番組に出演しました。待合室で、私たちの前に出演した若い男性は、今アメリカで最も革新的といわれるネットニュースとブログ ”Think Progress” の管理者でした。2-3日前より、ウォールストリートで、アメリカ社会の構造的改革を求める大規模の座り込みが始まりました。貧富の差を再生産していく差別構造の是正をもとめて、Twitter
で呼びかけが行われ、人々が座り込みを始めました。昨日は、オバマ大統領が、現在の金持は税率が低く貧乏人のそれは高いという不公平な税制の改革を宣言しました。私たちの前にインタビューを受けたのは、保守派の政治戦略アドバイザーの二人でした。{金持ちはよく働き努力するから、豊かになった、すでに高い税金を払っている}と訴えていました。

日本で脱原発運動が高揚し、アメリカで差別の社会構造を変えようという運動が今同時に起きていることに、大きなつながりを感じます。

このことを経産省前のハンストの若者たち、24時間座り込みの60年安保世代の渕上さんたちに、伝えてください。デモと座り込みの様子を下記のサイトでご覧ください。

ウォールストリート前の座り込みの様子

昨日は、国会議員への報告会を行いました。20mSVは撤回されたと思っていたという質問が出ました。アメリカでは、そのように誤解されているようです。
ラジオ、テレビのインタビューのあと、夜は、Busboys という社会運動の拠点の大きなカフェで、福島と泊の報告会を行いました。Nuclear Intelligence のジャーナリストが、泊3号と大飯の長期調整運転に関して、経過をずっと調べていたようです。佐藤幸子さんの福島の実態報告に、皆言葉を失った様子でした。

今日は、まず、記者クラブで記者会見、そのあと、原子力規制委員会と個々人の国会議員との面談を行います。


[PR]
by y_csm521 | 2011-09-21 00:23 | 脱原発運動・集会・支援

札幌で泊原発を停めるアクションを続けている泉さんからのメールです(COSMOS)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私たち、日本から米国に来ている使節団は、福島の真実について報告し、原発廃
止要求をするために、昨日ニューヨーク市に到着しました。
今朝から、NRC(米国原子力規制委員会)と議会議員らに会うためにワシントン
DCに移動し、夜には公開のミーティングを行います。
私たちは、9月22日17時からニューヨークの国連ビル前でデモストレーショ
ンを行います。

これらのイベントや情報について是非広く拡散ください。
また、もし皆さま方のお友達やお知り合いがニューヨークにいらしたら、是非参
加するようにお伝えください。

==国連前緊急抗議集会「原子力廃止with福島使節団」のお知らせ==
■日時:2011年9月22日17時~
■場所:ニューヨーク市 国連ビル前 Dag Hammarskjold Plaza
(47th Street and 1st Avenue, NYC)

*是非ご参加ください。バナーを持って立っています。

また、本イベントの詳細については、次のFacebookのページをご覧ください。
Facebookのページ
SHUT泊 代表 泉かおり
SHUT泊公式ブログ

[PR]
by y_csm521 | 2011-09-20 07:21 | 脱原発運動・集会・支援
集会の航空写真
[PR]
by y_csm521 | 2011-09-20 07:14 | 脱原発運動・集会・支援

札幌在住の、COSMOSの知人Yさんから寄せられた報告

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9/6から福島に行きましたので、現地の状況報告と、現地支援の今後について提案します。 

皆さんからも、こういうやり方で連携したらというユニークなアイディアなども(もちろん正攻法も)教えてください。よろしくお願いします。 現地支援チーム M・Y
「現地支援について」 

福島県郡山市に約10日間滞在し、ビデオ撮影助手とインタビューを主に行った。ボランティアも少しした。
20名以上の方たちの話などから見えてきたことを報告する。

1)福島の状況

 ・慣れや暑さ、安全情報過多、親の疲れなどもあり、子どものマスクや長そでは少ない。
  スーパーに並ぶ野菜などは福島産がほとんど。他は値段が高く選択幅がない。

 ・北海道で夏休みを過ごした4名の父母と会った。意識の高い人が多く、地域では孤立していたが、仲間ができ、つながりが生まれた。
  子どもたちが「普通に」楽しく芝生を転げる、水に触れるなどができて、リセットできた気分。  Uさん一家は、滞在中に父がハローワークに行って仕事を得ることができ、10月から桜台の一員となる予定。

 ・意識の高い人と、安全情報を信じようとする人との間の差がさらに大きくなっている。子どもは、学校での過ごし方(給食か弁当、体育を外でやるか)や親の意見の違いで不和となる、といったことに巻き込まれている。
  特に思春期の女子の不安が高い。(将来子どもが産めるかーこれに答える親もつらい)

 ・「覚悟をきめて」避難する人と、「覚悟をきめて」残る -どちらも厳しい選択。残っている人のうち約半数は、「本当は避難がよいと思っている」(新聞調査)が、仕事、身内の事情、県民性もあり、決断できないが、最終的にはお金の問題は大きい。(ローン、今後の生活保障や教育への不安)

2)今後の福島支援について

キーワード 「えんむすびでつながる」

 ・避難した人が、通信の発行(紙、メルマガ)などで、情報を福島に知らせる。  

 ・福島の様子を知る

   - 現地新聞の共同購買

- 地域FMのインターネットを使った視聴

   - ビデオレター(福島から、札幌から)

 ・現地からの人に札幌生活情報を伝えて、持ちかえってもらう 

 ・野菜など安全な食べ物を届けるしくみを作る(地元紙では北海道の野菜パックがチョー高いー広告料も入る~冬場は加工品が多くなるが、安心で安全な食べ物を届けられるように、農家や団体とタイアップできないか)

 ・福島県での避難体験報告会

 ・「いったりきたり」できること

   札幌から、フェリーや高速バスを使えば、往復大人2万円+くらい。
   お正月や夏休みなどに定期的に「さとがえり」や「親などの札幌訪問」を気楽にできるプロジェクトや体制の整備

 ・現地でのハローワークや企業の出張説明会の開催

3)個人的印象から

 ・団体のリーダーたちにかなり疲れが見え、期限を切って福島を出る人もいる。逆に50代後半以降の人(特に女性かな?)は、腹をくくっている。

 ・6か月目の9/11には、反原発デモはあまりなく、福島市でも組合系の動員デモのみだった。目の前の生活で精一杯。「何も変わらない」ことへのあきらめ感。

 ・人々の「疲れ」が印象的(考えている人ほど悩み、ストレスが多い)

 ・男は職場で・・という意識がまだ高く、「子どもたちのことは任せる」と言われるお母さんが、非常に厳しい選択を強いられているように思う。


[PR]
by y_csm521 | 2011-09-17 19:30 | 脱原発運動・集会・支援