ブログトップ

COSMOSの原発関連ニュースメモ

ycsm521.exblog.jp

毎日たくさん流れてくる原発関係のニュースの個人的なメモです。

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧



≪FoEJapan満田さんからの本日の政府交渉の結果報告です。byCOSMOS≫

__________


みなさま

本日の政府交渉では大きな成果があがっています。下記をお読みください。
再調査で再稼働を止めていきましょう。ぜひ下記の情報をもとに、署名の呼びか
け、議員への働きかけにご協力下さい。
-------------<拡散希望>------------------------
                    2012年6月25日
6・25政府交渉速報
大飯3・4号機の再稼働は止めることができる!
「避難の権利」ブログ
-----------------------------------------------------------
活断層の可能性を示唆する北側トレンチ図は国の委員会では配布されていなかった
保安院が入手しているトレンチ拡大図を即刻公表すべき
国の地震・津波意見聴取会で、F-6破砕帯の検討および現地調査を即刻行うべき
-----------------------------------------------------------

6月25日、破砕帯問題を中心に政府交渉を実施しました。活断層の可能性を強く示唆するF-6破砕帯(断層)の北側トレンチ図(図2)については、これまで国の耐震バックチェック委員会の中で一度も公開されていなかったことが明らかになりました。

トレンチ南側図(図1)だけを委員会に提出し、F-6破砕帯は活断層ではないと評価してきていました。

保安院の御田氏は南側図面だけで評価は足りるとしましたが、主催者側は、それを判断するのは委員たちであることを指摘。即刻、北側トレンチ図も配布した上で、保安院の地震・津波意見聴取会(活断層関係)で議論を行うべきと強く要請しました。

また、専門家がF-6が活断層であること、ひとたび地表のズレが生じた時に耐震性に関係なく配管等が大きなダメージを受けることについて強く警鐘を鳴らしていることを指摘、敦賀原発と同様、現地調査を行うことが必要であると要請しました。さらに、市民側は保安院が入手しているトレンチ拡大図を公開することを求めました。

これに対して、保安院は検討を行い、明日の政務官と市民側との会合において回答するとしました。

★関連する図を添付します。
図1:いままで国の委員会などで示されてきたトレンチ南側の図
図2:配布されていなかったトレンチ北側の図
→活断層(破砕帯)のずれを示唆しています

交渉で配布された資料をウェブアップしてほしいとの要望があったため、下記の
ようにアップしました。
資料編 6月25日政府交渉

トレンチの北側の断面のスケッチはこの2ページ目です。これはいままで国の委
員会でもいっさい示されませんでした。

また、とくに京都の方、北神政務官に直接、「破砕帯の調査をしてください!」
との声を、電話やファックスで送って下さい。
北神けいろう議員
※東京事務所
〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2衆議院第二議員会館1105号室
TEL 03-3508-7638  FAX. 03-3508-3268
※京都事務所
〒615-0062 京都府京都市右京区西院坤町103 近藤ビル1F
TEL. 075-315-3487 FAX. 075-315-3616

<交渉呼びかけ団体>
原発設置反対小浜市民の会/ プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会/
サヨナラ原発福井ネットワーク/ グリーン・アクション/ 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)/ 福島老朽原発を考える会(フクロウの会)/ 国際環境NGO FoE Japan/グリーンピース・ジャパン/ 福島原発事故緊急会議






[PR]
by y_csm521 | 2012-06-27 23:24 | 政府・電力会社・抗議・裁判

東京都が25日、葛飾区の都立水元公園内で地上1メートルの空間放射線量を調査したところ、最高で毎時1・22マイクロ・シーベルトが検出され、都は公園内を除染することを決めた。

都が都内で除染を実施するのは初めて。

 国は周辺より1マイクロ・シーベルト以上高い地点を除染の対象としており、同公園内は1・16マイクロ・シーベルト以上が基準となる。

25日午前、都が公園内の駐車場の植え込みなどを測定したところ、14か所中、9か所で1・16マイクロ・シーベルトを超えた。同公園の駐車場周辺は、共産党都議団が、「周辺よりも放射線量が高い」と指摘していた。

(2012年6月25日15時04分 読売新聞)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京都葛飾区の都立水元公園で空間放射線量が高い場所があると共産党都議団が指摘した問題で、可知佳代子都議らがあらためて線量を測定したところ、公園の中心部にある植栽付近の数値は地上一メートルで毎時一・二マイクロシーベルトを超えた。東京電力福島第一原発に近い水戸市や宇都宮市よりも高い。都は二十二日、この現場を立ち入り禁止とし、二十五日に再測定する方針だ。 (松村裕子)


 可知議員らは十九日に測定。本紙記者も同行した。高線量を測定したのは公園の中央南側に位置する駐車場周辺の植栽。立ち木の根元に外から運び込んだような泥がかぶせてあり、その地上一メートル付近で可知議員の線量計は一・二三マイクロシーベルトを示した。これまでの同都議団の測定と同様一マイクロシーベルトを超えた。記者も携帯した線量計で測ったところ一・二七マイクロシーベルトだった。


 この場所から一メートル離れると数値は一マイクロシーベルトを割り込んだ。同じ植栽付近でも場所によって差があった。放射性物質は落ち葉や腐葉土にたまりやすいとされる。植栽の近くにある駐車場のアスファルトの上だと、記者の線量計では〇・一六~〇・二二マイクロシーベルトだった。


 文部科学省のガイドラインは、地上一メートルで周辺より一マイクロシーベルト以上高い場合を除染の目安としている。今回の測定で比較すれば、植栽の場所は駐車場より一マイクロシーベルト以上高く、除染対象になりうる。


 この日の水戸市内の県施設の線量(地上一メートル)は文部科学省の推計値で〇・〇八三マイクロシーベルト、宇都宮市では〇・〇八四マイクロシーベルト。水元公園は第一原発から約二百キロ離れているが、公園のアスファルト上の数値でさえ、両市よりも高い。


 植栽は遊び場ではないが誰でも入れる。道路をはさみ、区立東水元小学校や日枝神社もある。可知議員は「泥は側溝を掃除した際に置いた可能性もある」と指摘している。


 都は、これまでに環境局や建設局が実施した測定を基に「周辺より一マイクロシーベルト以上高くはなく、除染の対象にならない」と主張していたが、二十二日に植栽の周辺に立ち入らないよう柵を設けた。

(東京新聞 6月24日朝刊)

[PR]
by y_csm521 | 2012-06-25 17:00 | 汚染地域



米スタンフォード大学フーバー研究所の西鋭夫教授が書かれた英文記事の日本語全訳、
「セシウム街道をゆく」

「セシウム街道をゆく」byスタンフォード大学教授 西鋭夫教授(日本語全訳)


[PR]
by y_csm521 | 2012-06-22 22:01 | 資料・情報・講演

<多忙のため、ずっと更新出来ませんでした。
改めてスタートしようとすると、あれもこれも載せたいし、と、またまた妙な完璧主義が始まり・・・。

突然ですが、Shut泊の泉さんが東京のお友達から受けたメールだそうです。大手マスコミに、今まで無視され続けていましたが、諦めるわけにはいかない、と頑張り続けている方がたくさんあることに、勇気をもらえました。 by COSMOS>

毎週金曜日に行われてきた「大飯原発再稼働反対の抗議行動」が、きょう22日は4万人を超えた。
先週は1万1千人で、その前の週は4千人だった。最初は30人くらいから始まった。
組織がやっているのではなく、ツイッターの情報で、ごく普通の人たちが会社帰りに集まっている。
テレビも新聞も(東京新聞/赤旗を除くと)大手メディアはずっとこの官邸前抗議行動を黙殺してきた。
4万という数になって、やっと無視できなくなったのか、今晩「報道ステーション」が放映するらしい。
来週金曜日も。
首相官邸前18時から20時まで。
国会議事堂前3番出口。
まだ大飯の再稼働は始まってない。
あきらめない人たちが、来週も集まる。
あきらめない私も出かけます。


[PR]
by y_csm521 | 2012-06-22 21:54 | 脱原発運動・集会・支援